カテゴリー
Uncategorized

WAASAに感謝!

Nacioさんからの英文投稿がありましたので日本語に訳しました。

WAASAが日本でのわたしの生活を正常化するのにどんなに役立ったか:

COVID19のパンデミックの最中に就労契約が終了したときに、私は日本の入国管理局から非常に不安定な個人的、法的、健康的な状況に置かれました。WAASAの中野さんは大変な状況から抜け出し、立ち直るのを大いに助けてくれました。

回復期と在留期限

在留資格が就労契約の終了前に切れるため、就労在留カードの延長を申請しました。しかし、入国管理局からは3か月以上たっても返事が来ず、契約満了の数日後在留カードの更新を認めないとの連絡がありました。

パスポートに「特定活動」のスタンプが押されただけで、3か月間を「帰国の準備」期間として認めるものでした。これはまったく予想外であり、以前に彼らに連絡したときに私が得たすべての情報と矛盾していました。母国のスペインはこの時点でCOVIDの世界的なホットスポットのひとつであり、帰国する予定がなかったこと、また、仕事の邪魔にならないように延期していた病気治療も保留しており、ひどい状況になりました。

 別の仕事を見つけることができませんでしたので、新しい「特定活動」の滞在期間に合わせて、国民健康保険を3か月延長しました。私は病気による手術を受けたため、延長期間の3ヶ月が経過したときは、まだ回復期にあります。私の病状からは、パンデミックで封鎖されている母国に戻った場合、リハビリを完了することができないため、このビザをさらに3か月間延長することができました。

病室からの風景

しかし、「特定活動-帰国の準備」の状況では、在留カードがないため多くの不幸な結果をもたらしました。私はいかなる種類の仕事も許可されず、ハローワークへの登録も禁止されました。国民健康保険の3か月の延長が終了し、市役所は在留カードが必要であるとして国民健康保険の提供を拒否しました。最初の延長はコロナがあったからなされたとのことでした。仕事に応募したり、前職で与えられる失業手当を受け取る可能性もなく、病気回復期で私の生活費用と進行中の術後治療の全費用をカバーすることは大きな負担でした。

思いがけない救世主

私を手術した主治医は、私が余儀なく日本を離れた場合、回復治療が完了できなくなることを非常に心配していました。彼は現在の法的に不安定な状況を安定させるのを手伝ってくれる人を知っていると私に言って、私をWAASAの中野氏に紹介してくれました。中野さんはすぐに私の要求に応え、プロの弁護士からは得られなかったような献身的な姿勢とワープスピードで仕事をするようになりました。

まず、法規制を調べてみると、住民票に登録されていたので実際には国民健康保険に加入できることがわかりました。彼は何度か市役所に電話をかけてくれ、翌日、私は市役所に行き、新しい健康保険証を入手でき、過去2か月間に自己負担を余儀なくされたすべての費用を請求することができました。

次に、彼は私が在留カードを取得する方法と、私が「特定活動-帰国準備期間」で許可された不安定な月数を超えて私の在留を延長しながらパートタイムで働く可能性を考案しました。中野さんは、私の術後の医療処置には手術を行ったのと同じ医師による9ヶ月のフォローアップが望ましいと明確に述べられている日本の公式情報源からの文書を見つけました。彼は私が国に戻るのが難しいことから、ステータスを変更するために法務省に申請書を書きました。その中で私が母国に帰ったらリハビリと術後フォローアップが十分にできないこと、私の病状とコロナウイルスのパンデミックのために、母国への旅行自体が難しいだろうと主張しました。申請書はまた、私が9ヶ月間助けも雇用もなしに経済的に自分自身を維持することを期待するのは負担が大きすぎると付け加えました。

結果の緩和

中野さんは、申請書類を作成するだけでなく、入国管理局に同行してくれ、入国管理局の職員に状況を日本語で説明しました。説明等の手続きが完了した後、私は家に戻って解決を待つ必要さえありませんでした。数時間以内に、私のステータスは「特定活動」ビザの別のカテゴリーに変更されました。

その結果、有効期間6ヶ月の在留カードとアルバイトの許可を取得しました。それで翌日ハローワークに求職登録することができ、治療をしている間、また、パンデミックの試練の時を乗り切るのに役立つ失業手当を受け取ることができました。

中野さんに会うことで、とても楽になりました。彼と主治医にとても感謝しています。

カテゴリー
Uncategorized

令和2年1月〜3月期の決算を発表します

6月24日開催の総会にて令和2年1月〜3月期の決算が全会一致で承認されましたので以下の通りお知らせします